コーギーのアレルギーにはいくつか種類がありますので知っておいてください。

TOP > 関連ページ > アレルギーについて

コーギー専門サイト

コーギーのアレルギーについて

コーギーはフワフワした魅力的な被毛を持っていますが、やはり毛に関する病気も多い面は否定できません。抜け毛に関するものでもっとも多いのがアレルギーです。

コーギーは皮膚炎にかかるとほぼ全身が痒くなってしまったり、抜け毛も万遍なく増えてしまいます。皮膚は赤くなり、他には腫れることもあります。


コーギーのアレルギー性皮膚炎のアレルゲンとしては、ハウスダストやフード類、そして薬品やサプリメント、そして花粉に反応するケースもあります。

治療方法としては、内科的な治療で緩和させることが可能です。皮膚は新陳代謝が落ちていますので、ビタミン剤を投与したり、皮膚を掻きすぎれば傷になりますので、消毒等のケアを行っていきます。

マイクロ波を原理にしたお風呂に入ると毛根の汚れをきれいに除去できますので、アレルゲン除去にもかなり効果的です。

また予防法としては、アレルゲンを特定して日常生活の中から排除することが大切です。最近は血液検査によって特定が簡単になっています。

コーギーに限らず犬全般に増えているのがアレルギーです。アレルギーは目に見えてわかる症状ですので、それだけかわいそうな気分も大きくなりがちですが、やはりしっかり病院で治療を受けさせることが大切です。

人間の健康意識としても高まってきたのが自然治癒力ですが、やはりコーギーにとっても大切な考え方です。コーギーの自然治癒力を高めるためには、薬物はやはり正反対の効果しか望めません。

コーギーに常日頃から運動をしっかりさせてあげることや、栄養分を摂ることも大切ですし、特に皮膚や被毛はストレスやホルモンの影響を受けやすく、常に衛生管理を徹底することです。

コーギーが病気になって、自分で治そうと努力することができない状態は飼い主にとっても辛いものです。熱などがあれば身体が抵抗力を示している状態ですので、飼い主としてしっかりとサポートしてあげてください。