コーギーの無駄吠えのしつけ方でお困りの方はこちらのページを参考にしてください。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ

コーギー専門サイト

コーギーの無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶワンちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

コーギーはなかなかうるさいです。

コーギーが吠えるのは仕方のないことです。しかしだからといって、無駄に吠えることをやめさせないと、いつまで経ってもコーギは自分から変わりませんし、周囲に迷惑をかけて飼えなくなってしまうこともあります。

また、コーギーは無駄吠えをよくしますが、玄関の呼び鈴が鳴ったり、電話がかかってきたりしたら吠えるなど、我慢ができなくなる前にしっかりとしつけることが大切です。

コーギーは元々牧畜犬でしたので、吠えることも仕事のうち、このことを考えると当然のことをしているという自覚も強いと言えます。

ですので、コーギーが吠えてしまう原因をよくチェックし、これは仕方がないこと、という場合は注意したり叱ったりせずに、無駄吠えと断定できることから治していくことも大切です。

コーギーが吠えているという行為は大抵の場合、飼い主さんに何かを伝えているときです。また、最も多いのは警戒心を出していたり、威嚇している状態です。他には寂しかったり不安になる、欲求不満などもあります。

コーギーは留守番をさせると、出かける前や帰ってくると遠吠えをすることがよくありますが、留守番自体をしっかりしつけることができれば、遠吠えをすることもなくなります。

もし、コーギーが威嚇しているのであれば、威嚇している人は悪い人ではないことを教えること、原因となっていることを解消すれば無駄吠えはほとんど無くなるとも言えます。

誰か他人が現れて吠えたら愛情を持って注意すること、もちろん声に出してだめっ!と叱るようにすることも必要ですが、ただ大声を出すだけではなくてスキンシップをするように教えることです。

他にはツール類を使うのも有効です。首輪タイプのバークカラーも便利です。吠えるとショックを与えるようになっていますので、留守中にも効果的です。

飼い主さんがあまり疲れてしまうのも問題ですので、はじめから使うのではなく、急場しのぎとして用意しておくととても便利なツールです。

もちろん叱った後に吠えなくなったらしっかりとコーギーを褒めてあげることも大切です。吠えるのではなく他の表現方法を覚えさせれば、まず上出来と言えます。

もしあなたが、コーギのしつけに困っているのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のしつけ教材を一度試してみることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにコーギーのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもいい子なコーギーにしつけることに成功しています。

ですので、遠藤先生のしつけ方法があなたのコーギーをいい子にするきっかけになると思いますので、コーギーのしつけで悩んでいる方は、今すぐ下記より詳細をチェックすることをお薦め致します。