コーギーの噛み癖のしつけに悩んでいる方はこちらのページをご覧ください。

TOP > 関連ページ > 噛み癖のしつけ

コーギー専門サイト

コーギーの噛み癖のしつけ方

コーギの噛み癖は飼い主次第です

部屋中のものを噛んだり、噛んだかと思えば引き裂いたりするコーギーの癖はよくありがちな行為です。

しかし、犬だからといって放置すると大きな被害に結びつく可能性がありますので、できるだけ早めにしつけておくことが大切です。

子犬の時はじゃれあっているだけでも興奮して噛みついたり、甘噛みだから痛くないといっても成犬に
なってから同じことをされると痛みも大きくなりがちです。

一緒にいるときにコーギーに噛まれた場合は、ダメ!放して!などというように注意し、できればおもちゃなど噛むための代わりのものを噛ませてあげると効果的です。そして、そのうちにおもちゃを噛むようになったら褒めてあげることも大切です。

また、コーギーは留守番に慣れていないと、よく部屋中のものを噛んで散らかしてしまいます。これは、飼い主が不在で安心感が損なわれてやってしまっていることです。

ですので、留守番をさせるにもコーギーの不安を取り除いてあげないことには何も解決しません。もし、まだ留守番になれていないようであれば、できるだけ噛めるものを部屋に置かないようにして出掛けることです。

そして、コーギーが噛んだり散らかしたりしてしまっても、無視するようにして片付けてしまうことが大事です。

また、コーギーが人の手を噛んでしまったときは最も厳しくしつけるべきことです。訪問客の手を噛んだ場合も厳しく叱るようにし、叱り方も甘やかすような態度ではなく、きっぱりと言い切ることが大切です。

噛まれたら指を引き抜かないでそのまま喉奥まで入れてしまうと、コーギーは嫌がって噛む事を嫌いますし、遊んでいる間に噛んだ場合は遊ぶことを一切拒否するようにするのも効果的です。

指を入れるとコーギーが無理に出そうとしますが、嫌がったら出してあげること、あまり奥まで突っ込まないことも肝心です。

色々と方法を試してもなかなかコーギーの噛み癖が治らないようであれば、もっと大袈裟に叱ったり痛がること、首を押さえつけて地面に押し付けるようにしてしばらく我慢させたり、多少は手が荒いと感じられることもありますが、自覚できるようにしっかりしつけることが大切です。

もしあなたが、コーギのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のしつけ方法を一度試してみてください。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにコーギーのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもいい子なコーギーにしつけることに成功しています。

ですので、遠藤先生のしつけ方法があなたのコーギーをいい子にするきっかけになると思いますので、コーギーのしつけで悩んでいる方は、今すぐ下記より詳細をチェックすることをお薦め致します。