コーギーの病気についていくつかご説明しています。

コーギーの病気について

コーギーはとても元気な犬種です

可愛がっているコーギーが病気になったら大変です。まずは飼い主ができることとしては、コーギーの健康管理を徹底させることです。

栄養の摂り方や、かかりやすい病気の予防法についての知識を高めておくなど、できることはたくさんあります。

では、コーギーはどのような病気にかかりやすいのでしょうか。

まず、コーギーの特徴として胴長で短足、とてもユニークな体型をしていますが、この体型が仇となりよく発症するのが「椎間板ヘルニア」です。

人間でも多くの方がかかる椎間板ヘルニアですが、コーギーにとってはより胴長な分、椎間板ヘルニアにかかる危険性は高いとも言えます。

コーギーも人間と同じように脊椎を支えるためのやわらかい組織である椎間板が変性を起こしてヘルニアを発症しますし、また症状が酷くなれば排泄困難になることもあります。

椎間板ヘルニアの予防策として、まず避けなければならないのが肥満です。それから過度の運動、高いところからコーギーが飛び降りたりしないように注意します。

また、すべりやすい床はコーギーにとって脊椎に負担が増えることになりますので、室内の環境をケアすることも大切です。

そして、椎間板ヘルニアに似た症状を呈するのが「変性性脊髄症」です。もし、コーギーが足を引きずるように歩いたりしたら要注意です。変性性脊髄症の疑いがあります。

変性性脊髄症はまだ未知の病気とも言われ、現代の動物医療では治療法はありません。当然発症すれば、死んでしまう可能性が大です。このようなことにならないように、まずは肥満を予防すること、そのためには栄養管理に徹することです。

また日常的なチェック項目としては、耳を痒がって掻いたりしていないか、被毛がよく抜け出したり、お尻を床にこすりつける、異常に痩せる、下痢や嘔吐、これらが基本項目です。

コーギーは子犬の頃はほとんど病気にかかることは少ないですが、成犬から老犬までの間はやはり何かと気がかりに考えておくことが必要です。

もし、コーギーの活動性が減少した場合も単なる老化だと考えずに、できるだけ早期に獣医さんに診てもらうようにすれば、安心感も高まりますし、発見も早くなります。