コーギーの種類や値段、価格について詳しく知りたい方はこちらへ。

TOP > 関連ページ > 種類や値段・価格

コーギー専門サイト

コーギーの種類や値段・価格

コーギーと言う犬種には本来2種類が存在します。どちらもウェルシュコーギーであり、1つはペンブローグ、もう1つがカーディガンです。

元々コーギーとしては別物です。また両者が交配され続けた結果、今ではとても似ていますが、尻尾が無いほうがペンブローグ、あるほうはカーディガンであるという方が多いようです。

では室内犬として飼われるタイプとしては、ほとんどが前者のペンブローグです。日本では特にコーギーと言えばこちらを指すとことがほとんどです。またどちらも牧畜犬として飼われていたことも同じです。自立心が高くて性格が似ています。

その他気になるのは被毛ですが、ペンブローグはレッドやセーブル、フォーンやブラックタン、これら4つの1色カラーだけが認められていますが、カーディガンは全ての色が認められています。

またコーギーの価格ですが、10万円から15万円程度が相場です。チャンピオン犬は驚くほど高い例もありますが、ペットショップに行けば大体この値段で販売されています。

性別、血統や顔によっても細かい値段設定が普通ですし、コーギーの流行、つまり時期によってももちろん変わってきます。今でこそペットブーム、色々な犬種が日本にもいますので流行にはほとんど左右されませんが、流行の次に関わってくるのが育った環境です。

やはり腕の良いブリーダーさんが育てた、環境も優れたところで発育されたコーギーは高めです。どのような種類があるのか、そして値段ももちろん検討すべきことですが、直接コーギーを見てどのような感じがするかも大きなポイントです。

第一印象を見て、そのコーギーがよければ仲良くできると考えて間違いありません。無駄吠えしそうだ、とか、噛み癖に買う前からやられてしまった、などというケースもありますが、しつけやすいかどうかもまた別問題です。

コーギーから考えればスキンシップを図っていることに違いありませんので、選び方のコツをマスターしておくことが大切です。

もしあなたが、これからコーギーの購入を考えていて、しつけに不安を持っているのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のDVD教材を試してみてください。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにコーギのしつけに不安を持っていた、延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもいい子なコーギーにすることに成功しています。

もし、これからコーギーの購入を考えている方は、購入する前に一度、遠藤先生のDVD教材をチェックすることをお薦め致します。